家族葬とは

最近増えている家族葬について

最近のお葬式は、近親者と本当に親しかった人だけで、家族葬をするケースが増えてきました。少子高齢化が進み、故人が子供たちに負担をかけたくないとの思いで、遺言することも多いようです。実際、年を取ると、退職して時間がたっていたり、友人もすでに他界されていたりで、こじんまりとしたお葬式になるものです。

家族も義理だけの尋問はお断りして、ゆっくりと静かに故人とお別れしたいというのが本音ではないでしょうか。そう考えれば、家族葬というのもニーズがあったわけです。もちろん、賑やかなことが好きだった故人のために、盛大なお葬式をするのも間違ってはいません。要するに、お葬式はそれぞれのやり方で、故人を無事に天国に送り届けてあげることです。

家族葬メリットとデメリット

近年新しい葬儀の形として、家族葬を選択する方が増えているようです。家族葬の厳密な定義は特にありませんが、家族という言葉からも分るように遺族・親戚・友人など、ごく親しい関係者のみで行う葬儀のことを家族葬と呼びます。通常の葬儀では参列者への気遣い、準備、手配等で慌ただしく時が過ぎてしまい、ゆっくり故人との別れが出来なかったなどの経験談を耳にすることがあります。

しかし家族葬ではごく内輪で行うため落ち着いて最後の時を過ごせますし、故人の意向、人柄などを反映させた葬儀にすることも可能で、その人らしい 葬儀にすることができるのです。ただし家族葬を行う場合には注意しなくてはいけないことがあります。それは世間体や昔からの習慣を大切にする親族からの反対や、後日故人の訃報を聞きつけた弔問客の対応などです。例え家族葬が故人の遺志であっても、身内でしっかりと話し合い、関係者へ事前にお知らせすることが重要です。