通信制高校がおすすめな理由とは

専門性の高い職業を目指している方にも学べる通信制高校


通信制高校にも、全日制のように私立と公立があります。一般的に公立の方が授業料が安いと言われています。普通科、専門学科、総合学科があります。自分が通信制高校で何を学びたいのかよく考えてから入学することをおすすめします。将来、看護師や、調理といった専門性のある職業学科のある学校もあります。将来の目標が決まっている方には、職業学科のある通信制高校がおすすめです。専門学科では、看護師や調理師を目指す方以外にも様々な種類があります。

将来、農業の仕事に就きたい方には、農業学科を、他にも、商業、福祉といった学科もあります。職業学科以外にも、体育や、音楽、外国語といった学科もあります。総合学科では、幅広い科目の中から選択することができ、生徒の個性を生かした学習ができます。多くの方は、1年目に幅広く学ぶことで、自分の目的に合う学科を見つけることもできます。2年から専門性を学んでいるようです。このように通信制高校では、特定の職業を目指す方でも学ぶことができます。

通信制高校で学ぶメリット

通信制高校とは自宅など学校以外での学習を中心にレポートの提出や直接指導のスクリーニング、単位取得のためのテストを受けて卒業を目指していくものです。全日制や定時制という高校の通い方もありますが、通信制高校を選ぶメリットには何があるのでしょうか。まず自分の時間を持つことができるというメリットがあります。全日制や定時制に比べ通学する日数が少ないので、通学しない日に習い事をしたり、アルバイトをすることもできるようになっています。通信制高校とは別に予備校に通って大学受験に備えることもできます。

また通信制高校では単位制を取っており無学年制となっているので留年することがありません。全日制などでは学年制が採用されているので学年ごとに決められた単位を取得できないと留年してしまいます。留年してしまうとやる気をなくして学校に通わなくなる生徒もいますが、通信制では単位制を採用しており必要な必修科目以外は自分の関心のある項目を学び3年以上で74単位以上を取得できれば卒業することができるようになっているので、留年することがなくさらに自分の好きなことを学ぶことができるメリットがあります。