薬剤師は不足気味

薬剤師の需要と供給について

薬剤師が非常に不足している。その原因は、数年前の薬事法改正に伴う。これにより、薬が売れるところが広がった。基本的には、薬局のみ薬剤師が販売する薬とそうでない薬に分けられているのだが、薬局を設置していい箇所が増えた。最も増えたのがドラックストア内の薬局である。ゆくゆくは、コンビニエンスストアでも薬が売れるようになるかもしれないという噂だ。

しかし、どこに薬局を作ろうと処方箋から薬を整合するのは、薬剤師の仕事である。薬局が増えた分だけ薬剤師も必要になる。薬剤師になるためには、薬科系の大学を卒業するのが一般的だが、幾多の事故により6年制にしていることが多い。薬剤師は、就職率が高いものの給与はそれほどでもないため成り手が若干少なく、薬剤師の需要と供給のバランスが少々伴っていないように見える。

薬剤師の転職は有利です。

法律改正により、薬を買うときは、薬剤師を通してでないと薬は買えません。しかも、今ドラッグストアは増えていますし、営業時間も長くなっています。ですので、薬剤師を常時配置しなければ、他のお店にお客がいってしまい、売上に響くので、薬剤師の確保は、お店側にとって重要なことになっています。

もちろん、お店側も、自前で薬剤師を育てようと、勉強会を開いたり、受験費用を負担するという動きはありますが、時間はかかりますし、また試験も難しいです。ですので、外から招いたほうが確保しやすいのです。そのため、薬剤師の求人要項は、条件のよいものが、多いです。また条件をよくしないと、他のお店に人材が流れてしまうので、い条件が多いのです。